ブレンドライン通信 [BLENDLINE]

話題のニュースをピックアップしてお届けします♪

芸能ニュース 速報

【愕然】長渕剛が『ミヤネ屋』で放送事故wwwwwwwwwww

投稿日:


放送事故…? 長渕剛『ミヤネ屋』で新曲披露も「ギター弾かないんかーい!」 [爆笑ゴリラ★]

1: 爆笑ゴリラ ★ 2022/05/09(月) 13:36:03.99 ID:CAP_USER9

2022.05.09 11:06

5月6日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に、シンガーソングライターの長渕剛が生出演。新曲『REBORN』を披露したのだが、パフォーマンスよりも、その言動が大きな注目を集めてしまったようだ。

12年ぶりに「ミヤネ屋」へ出演したという長渕。紹介VTRや15分ほどのトークコーナーが設けられ、いまさら感もあるが彼の魅力を丁寧に掘り下げていった。

トークコーナーでは、長渕が「人間は絶望の淵に立たされた時ほど、人間は絶対に諦めない」「何回でも生まれ変わることができる」などとコメント。新曲に込めた意味を明かしている。

トークが終わると、長渕はギターを首から下げ、「REBORN」を生歌唱。長渕のトレードマークとも言えるギターだが、この日は弾くことがなかった。しかしラストは、同じくトレードマークとも言えるハーモニカを演奏し、その音色をスタジオに響かせていた。

パフォーマンスが終わると、宮根はまるで世界情勢を歌っているようだと「REBORN」を大絶賛。これに長渕は「僕たちはアメリカの策から逃れて、解放されてね。もっと、日本人の誇りみたいなもの僕は早く取り戻したい」と返答し、唐突に反米主義と受け取れるような持論を展開するのだった。

長渕剛はアメリカ文化が大好き?

とはいえ、新曲「REBORN」は英語。さらに6月3日から9月17日にかけて開催される全国ツアーも『TSUYOSHI NAGABUCHI CONCERT TOUR REBORN 2022 with THE BAND』というタイトルで、これでもかというぐらい英語が使用されている。

そのため、長渕の言動に違和感を抱く人も多い模様。ネット上には、

《題名がモロ英語やん》
《歌ってた歌のタイトルめちゃめちゃ英語で草》
《曲名が英語で笑ってしまった》
《ツアータイトルが英語表記なのは、笑いどころなのかしら。アメリカ文化にどっぷり浸かってる人が言うことじゃないよね》
などのツッコミが殺到。さらにギターを弾いていなかったことに対しても、

《ギター弾かないんかーい!》
《ギター持たせたのはテレビ局側の演出か? 新曲歌うのに使わなくて草》
《最後に唐突にハーモニカ吹きだしてワロタ。最後までアコギは弾かなかった》
といった指摘が相次いでいる。

生歌唱を披露するも、要領を得ない言動ばかりが話題になってしまった長渕。そのキャラもファンに愛されているのだろう。

https://myjitsu.jp/archives/350821


続きを読む


-芸能ニュース, 速報

執筆者: